HOME>トピックス>時短に効果的

どんなものなのか

システム

仕事をする上で便利なシステムがあると、時短にも繋がります。また相手がいる場合にもその場ですぐに対応をすることができれば、待たせることもありませんし、短時間で対応をすることができるというメリットもあります。CTIを導入することによって、電話番号から顧客情報をパソコンの画面に呼び出すことができ、スムーズな対応が可能になります。電話がかかってきて、その電話番号から顧客情報を呼び出し、その上で電話応対をすることができるので、分かりやすいということもあります。何度も確認をする必要もありませんし、聞き間違いというケアレスミスも防ぐことができるようになっています。一般的にはコールセンターで導入されているシステムですが、コールセンター以外の企業でも利用をするところが増えてきているので、仕事の手間をある程度省くこともできるようになっているので便利に感じます。

どんなところで導入しているのか

カフェ店員

CTIはコールセンターで利用をしていることが多いです。コールセンターではかかってきた電話の相手の情報を把握する必要があります。口頭での対応となるので聞き間違いなども起きてしまう可能性があります。しかしCTIを導入していれば、顧客情報を視覚でも確認をすることができるので、間違いも起きにくいです。また呼び出した情報から本人確認を行うこともできるようになります。また問い合わせの内容などもパソコンに残すことができるようになるので、問い合わせ履歴もチェックすることができます。間違いのない情報の管理を行うことが出来るようになるので、顧客管理を徹底することもできます。今はコールセンターやカスタマーセンター以外でも顧客対応をするところであれば導入しているところも増えています。